• ブロスメンバー

ひな祭りの由来

皆さん、こんにちは!

3月の大きなイベントと言えば、ひな祭り!

3月3日はうれしいひな祭り、または桃の節句ともいいますね。

ひな人形はいつからいつまで飾るもの?その日の食べ物は?

今回のブログでは、そんな「ひな祭り」という風習の詳細までご紹介します。


●ひな祭りとは?


女の子のすこやかな成長と健康を願う、3月3日の「桃の節句」の行事です。


●なぜ3月3日なの?


そもそも古代中国の陰陽道では、1・3・5・7・9の奇数が重なる日に、お供えやお祓いをする風習があり、


3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午、7月7日の七夕などがそれです。


日本では平安時代に年中行事に、江戸時代には少し変化して「五節句」という幕府公式の祝祭日になりました。わりと大事な祭日で、賑やかなお祭りの雰囲気だったそうです。


節句にはもともと男女の区別はないのですが、菖蒲を「尚武」にかける端午の節句に対し、

上巳の節句は優雅な女の子のお祭りとして楽しまれるようになりました。



●ひな人形や桃の花を飾る意味は?


節句とは別に、日本の公家には「ひいな(ひな)遊び」という幼い女の子の遊びがありました。


この言葉は源氏物語などにもちょくちょく出てきます。

要するに人形を使ったおままごとですね。


江戸時代には公家の女性が、権勢を誇る武家にお嫁に行くことがしばしばあり、

嫁入り道具としてひな人形が武家社会に持ち込まれました。


公家風の、雅な香りを漂わせるひいな遊びは、武家や裕福な町人の間で流行し、

だんだんと上巳の節句と結びついて、ひな人形を楽しむ習慣が生まれたようです。


八代将軍 徳川吉宗のころには、バブルのような経済を背景に、

豪華絢爛で大型のものが流行ったそうですよ。




●桃の花の意味は?


旧暦の3月3日といえば、現在の3月上旬から4月中旬。


ちょうど桃の花が咲く春爛漫の季節なので、上巳の節句は「桃の節句」とも呼ばれています。


桃の木は、中国では病魔や厄災を寄せ付けない不老長寿の仙木とされ、節分にも

桃の木の弓で鬼を追い払う儀式があったほど。桃はとても縁起のいい植物なのです。



●ひな人形はいつからいつまで飾るの?


・いつから?


立春(2月3日ごろ)がひとつの目安になり、ちょうど1カ月間飾ることができますね。


また、二十四節気の雨水(2月18日ごろ)に飾ると、良縁に恵まれるとも言われています。

水は命の象徴であり、豊穣や子孫繁栄につながるのだとか。どちらにしろ、遅くとも1週間前までには飾りましょう。あわてて前日の3月2日に飾るのは「一夜飾り」といって縁起が良くないので、避けたほうが良いようです。



●いつまでに片付ければ良いの?


3月中旬までの天気のいい湿気の少ない日に片付けましょう。

人形に湿気を残さないのがポイント!


また、啓蟄(3月5日ごろ)の日に片付けるのがいいという言い伝えもあります。


ひな祭りが終わったらすぐ片付けないと!とよく言われますが、心配ご無用。

「きちんと片付けできるように」との願いを込めた言い伝えで、必ず3月4日に片付ける必要はありません。



●ひな祭りに用意する食べ物は?


・ハマグリのお吸い物


ハマグリの貝殻はもともと対だったものだけがぴったり合い、

貝合わせなどの遊びで使われたことから、一生添い遂げる仲の良い夫婦にちなんでいます。


ハマグリの旬は2~4月ごろ。ちょうどひな祭りの時期ですね。


・ひし餅


植物のヒシ(菱)は、水面に拡がって繁ることから、ヒシ形は成長や繁栄のシンボルとして古くから親しまれてきました。


桃の節句のひし餅には、女の子の健やかな成長と豊かな人生への願いが託されています。


・ひなあられ


上のひし餅を、外でも食べやすくするために砕いて焼いたのが「ひなあられ」の発祥とも言われています。


また、関東地方ではお米の形のままの「ポン菓子」も一般的です。


・ちらし寿司


かつてにお祝いごとに提供されていた「なれ寿司」が、だんだん「ばら寿司」へと変化していき、彩りの良い「ちらし寿司」が好まれるようになったようです。


・エビ:腰が曲がるまで長生きできるように

・レンコン:遠くまで見通せるように

・豆:健康でマメに働けるように


色とりどりの具材にはこんな願いが込められています。


端午の節句もこいのぼりを上げたり、五月人形を飾ったりしますが、

桃の花が咲く中で悠久の時を越えて、現在でも親しまれています。



こちらの写真は、Bro's工房で3月3日にみんなで食べた桜餅と甘酒です。


今年は桜の開花予報が早いもので、大分県では3月17日ごろと言われていますね。

三寒四温の日々が続いていますが、春はあともう少しです。

早く温かい日がきますように……!


今回のブログは、めみが担当しました。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Copyright © 2020 Bro's工房 All rights rserved