• ブロスメンバー

画像編集の仕事について

更新日:9月9日

久しぶりの更新となります、くろねこです。

最近は記録的な大雨が降ったこともあり、雨と付き合いながら過ごされているかと思います。梅雨に戻ったかのようで、じめじめしますよね。


さて今回は、商品画像のデザインについてお話ししようと思います。

画像を載せていくサイトによっても規定が違うので、一概には言えないのですが楽天を例に話していきます。



まず配置の理由についてなのですが、人の視線はFの字のように流れていくので、最初は左上を見ることになります。その部分を意識し、目線の動きをばらつかせないようにすると見やすく、まとまった印象になります。なので目に付きやすいロゴは左上に配置して、同様に商品は左寄せで配置しています。そうすると、目線の動きは自然のなるので、見やすいように思えるのではないでしょうか?


次に、画像への工夫として「フラットデザイン」と呼ばれるグラデーションや影を避け、余計な情報を省いたものを取り入れています。情報が多いと目線をどこにやっていいのかわからず、どこを見たらいいか混乱する要因となります。ですので作成する際は、このデザインを採用しています。あのスティーブジョブズも採用した、iphoneのホームなどにも使われているシンプルデザインです。


二つに共通しているのは、見やすさです。日常でも余白やグラデを多用しないだけで、ぐっと変わるのではないでしょうか?商品画像というお客様の目に触れるものだからこそ、少しの工夫で変わればいいなと思っています。


以上、短いですが、くろねこがお送りしました。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示